短時間利用ならカーシェアリングを、長時間利用ならレンタカーがお得

車を持つことで、税金などがかかってしまいますので、車を持つよりも、必要な時に必要な分だけ乗りたいという女性も、増えてきているのではないでしょうか。

車を借りるシステムには、カーシェアリングとレンタカーなどの方法があるでしょう。

 

カーシェアリングは、最短で15分から借りることができます。

家の近くのスーパーなどへ、今日は荷物が多くなりそうだからと車を使いたい時は、カーシェアリングの方が便利ではないかと思います。

買い物は、早くて30分ほど、かかっても1時間ほどくらいで終わると思いますので、手軽に借りることのできる、カーシェアリングがいいでしょう。

 

ちょっと遠出をしてドライブへ行きたいという場合は、レンタカーの方がいいかもしれません。

レンタカーは、最短6時間から料金が発生しますので、何時間も費やすドライブの場合ですと、15分からお金がかかってしまうカーシェアを利用するよりも、断然お得になるのではないでしょうか。

 

またカーシェアの場合は、月額固定制の料金がかかりますが、車を利用しない月でも料金が発生してしまうという点もあります。

ドライブのように、車をたまにしか利用しない場合は、車を使っていないのにお金がかかってしまうということにもなりかねませんので、やはりレンタカー向きではないかと思います。

 

このように、カーシェアリングにはカーシェアリングの、レンタカーにはレンタカーの特徴がありますので、自分のその時の都合に、より合った方を選ばれるといいのではないかと思います。

レンタカーとカーシェアリングの違いを知ってお得に利用!

最近よく耳にするようになってきたカーシェアリング。気になっている方も多いのではないでしょうか?
レンタカーとカーシェアリング、どこが違うのかを知るならば、その人それぞれに合った使い方をすることができます。ではどのように違い、どちらがお得なのでしょうか?

 

レンタカーとカーシェアリングの大きな違いの一つは、前者は不特定多数の人が手続きさえすれば車を借りることができるのに対して、後者はまず会員登録をしていなければ借りることができないというところです。

というのはカーシェアリングとは車をレンタルするというより、会員になっている人たちで車の維持費をシェアするというシステムだからです。

 

会員登録をするということですから、入会金や毎月の基本料金が発生します。

ですから週に何度か定期的に車が必要だという方にとってはカーシェアリングがお得で便利ですが、そうでないならレンタカーのほうが安くつくかもしれません。

またレンタカーはガソリン代は借りる人が負担しなければなりませんが、カーシェアリングはガソリン代を払う必要はありません。

 

もう一つの大きな違いはレンタカーに比べカーシェアリングの利用時間設定が、より細かくなっていることでしょう。

レンタカーはおおむね最低6時間からの設定になっていますが、カーシェアリングの設定は15分位からの短時間設定になっています。

ですから旅行など長時間車が必要な時はレンタカーを利用することができますが、買物や子供の送り迎えなど比較的短時間で車を利用したい場合はカーシェアリングを利用するほうがお得だと言えるでしょう。

利用する時間で使い分けをするカーシェアリングとレンタカー

長く続いた不況は家計にも大きな影響を与え、今も増税や光熱費の上昇によって車を所有し続けるというのが難しい家庭も増えています。

しかし、車の有無というのは生活を一変させるようなものですから、どうにかして車を利用したいものです。

 

そんな需要に応えるように、存在しているサービスというのがレンタカーやカーシェアリングというサービス。
どちらも車を借りて利用出来るのですが、大きく違いがありますから使い分けが重要です。

 

レンタカー

 

まず、レンタカーですが、こちらは長時間の利用に向いたサービスとなっています。
個人に直接車を貸し出すという方式で、一日~数日間だけ車を独占して使いたい時などは、レンタカーを使うのが一般的です。

価格はそれなりにしますが、業者によっては一日6000円ぐらいで利用することが可能です。

 

カーシェアリング

 

対してカーシェアリングですが、こちらは複数人で一台の車を回し乗りするシステムです。
複数人のオーナーが利用するため、基本的に長時間の利用というのには向いていませんし、規約などで規定時間以上の利用を禁止しているところもあります。
価格もレンタカーより全然安く借りられるので、ちょっとした生活の足として利用する場合はとても便利なシステムとなっています。

 

どちらも維持費や保険の代金が掛からないので、必要な時に必要な分だけ利用することが出来るシステムです。

自分で車を買うよりも結果的にお得になるシステムですので、利用時間に合わせて使い分けるのが最適です。