カーシェアリング4つのメリットと3つのデメリット比較

カーシェアリングは非常に新しい発想のオーナーシステムです。

中古車を購入して維持費や自動車税、車検費用、駐車場代がかかることを考えると、毎日仕事などで利用しない人はカーシェアリングの方が節約になると言えるでしょう。

カーシェアリングには多くのメリット・デメリットがあります。

まずはメリットには以下のようなものがあります。

 

・借りるのが簡単である

メンバー制なので、カードを使って24時間全国どこでも借りることができます。

手続きも簡単で、数分程度しかかからず非常に手軽に利用できます。

・女性に向いていること

短時間でも利用が可能で、大型ショッピングモールなどで買い物をする時に利用できます。

・返却も簡単であること

利用料金にガソリン代が含まれているので、返却をする際にガソリンスタンドで満タンにする必要がありません。

・エコ効果

車の台数が減れば排気ガスも減ることになり、渋滞も緩和されます。

駐車場不足も解消されます。

 

次にデメリットは以下の通りです。

 

・ステーションが少ない

まだまだ全国的に普及ししている状態ではありません。

ステーションに行くまでにバスや電車で移動しなければならないこともあり、時間的にロスが出ます。

・ペナルティがある

キャンセル料がかかったり、渋滞に巻き込まれてしまった場合、超過料金を取られてしまいます。

・いつでも借りられるとは限らない

ステーションによりますが、車種が少ない場合もあります。

また、週末や連休時などは混雑するので、予約もとれないこともあります。

 

この他にも、長時間借りる場合にはレンタカーの方が割安になるということもあります。

カーシェアリングで得する3つの魅力とは

ilm17_da01050-s近年、一人ひとりが自動車を購入し所有するのではなく、自動車を会員で共有して利用するカーシェアリングが高い注目を集めています。

自動車は所有しているだけで税金や車検、保険料、駐車場代など様々な費用が掛かり、経済的な負担となりますからこうした負担を少しでも軽減するため、乗りたい時だけ乗るというスタイルのカーシェアリングが人気となっているのです。

そこで、以下ではカーシェアリングの魅力について詳しく見ていきたいと思います。

1.コストの軽減

何と言ってもカーシェアリングの最大の魅力は、自動車に乗るコストを軽減できるという点があります。

冒頭でも述べたように自動車の維持に掛かる様々な負担を会員同士で負担しあうため、所有する場合に比べるとかなりお得です。

また、会員数が多ければ多いほど一般的にはコストを軽減することができます。

2.ライフスタイルに合わせた利用が可能

カーシェアリングのサービスを提供している会社にもよりますが、自動車を利用できるカーステーションは全国各地にあるため、出張先や旅行先など自動車を持っていくことの難しい場所であっても自動車を利用できるという点も大きなメリットです。

自分のライフスタイルに応じて様々なシーンで自動車を利用できるという意味では、自動車を所有しているよりも便利であると言えます。

3.手続きが簡単

こちらも提供している会社によりますが、一般的に自動車を利用するまでの手続きは数秒から数分程度と非常に簡単かつ素早くなっています。

そのため、今すぐ自動車が必要!という時でも心配なく利用することができます。