ガソリン価格高騰で生活が苦しい方にお勧めのサービス

自動車を購入するには、それなりの金額が必要になります。

また、自動車を駐車するスペースも必要になります、賃貸の場合は家賃以外にも駐車場代を払うことになる場合もあります。

その自動車の大きさにもよりますが、税金がかかります。軽自動車の場合ですと、そこまで負担にもならないと思います。

年間にしたら一万円しないですから。

しかし、普通自動車や外国車だと、年間にしたら3万円以上の税金がかかってしまいます。

今、自動車を購入するかしないかで、悩んでいる人は、ガソリン代について考えるべきです。

ガソリン代が、1リットルで164.2円(2014年4月現在)になりました。

自動車を走らせるには、当たり前ですがガソリンが必要になります。

自分が購入した自動車の場合だと、走行距離分のガソリンを入れることはほぼ不可能になります。

ある程度の量、または金額を入れてしようしないといけないからです。

消費税も8パーセントに上がり、これからもガソリン代が下がるとは思えないのです。

しかし、カーシェアリングの場合は、これら全ての問題がクリアされるのです。

使いたいときだけ使えるカーシェアリング、自分が思うような車には出来ないです(みんなで使いますから)が、使い勝手としては便利だと思います。

一番の魅力は、やはりお金ですね。

一生のことを考えても、車は高い買い物でありながらも、一生使えるものではないですから。

10年に一度の買い物が平均とされているので、それを考えるとカーシェアリングの方がお得だと思います。

今は、インターネットでの予約も可能ですから、自分空いている時間で予約することが可能です。

最大の楽しみは毎回好きな車を選べること!

近年注目を集めているサービスがカーシェアリングです。

このサービスは車を借りるレンタカーとは違い、時間によって利用する金額が決められています。

そのため利用する金額が少ないほど安くなる傾向があり、あまり車に乗らない方には向いていると思います。

一方で長い時間車に乗っていると、その分費用がかかって損をすることになるシステムです。

従って車に乗る時間によって、利用するかどうかを決めなければなりません。

カーシェアリングのメリットとしては、乗っている時間が短ければ安くなるだけでなく、色んな車に乗ることができるということです。

どの車を利用するかは自分で決定することができますので、気に入っている車があるなら指名するといいでしょう。

特に無いなら安い車にするのが無難です。

こうして安さと自分の希望を実現することができるという点は、カーシェアリングならではの魅力と言えます

一方で年会費がかかるという問題はあります。

カーシェアリングを行っている会社は、まず会員登録をしなければなりません。

その会員を維持するための年会費を支払わなければ利用することができないため、この年会費を払って損をするということも考えられます。

マイカーを利用した方がいい事例も沢山ありますので、色々比較することも大切だと思います。

利用する場合は会社間の比較を行ったうえで、本当に利用すべきかどうかを考えてください。

乗る時間が少ないのであれば確実に有効な手段になるはずです。

カーシェアリングは鍵の受け渡しがないので気楽に使える!

カーシェアリングとレンタカーは、使用方法などはとても似ていますが、利便性においてはカーシェアリングの方が圧倒的に高いと言えるでしょう。

レンタカーを借りる場合は、ますは直接レンタカーリース社まで出向く必要があり、そこで初めてレンタカーを借りる契約を行います。

契約後に鍵をもらって初めて利用可能となるのです。

そして、あらかじめ約束していた時間までに借りていた車にガソリンを満タンにして返却する必要があります。

しかしカーシェアリングでは、カーシェアリング会社の会員になれば自宅から近いカーステーションにある車を予約する事が出来ます。

また予約もパソコンやスマートフォンで可能な上、後日郵送されてくる会員カードで車のドアロックを解除する事が出来ます。

このため鍵の受け渡しなどの必要もありません。

また、中古車の購入と比べるならば、断然コストパフォーマンスが違います。

車を使う頻度にもよりますが、週に数度、買い物や子供の習い事の送迎などにしか車を使わない場合であれば、やはりカーシェアリングの方がお得と言えるでしょう。

逆に中古車を購入する場合、購入代金の他に自動車税や重量税などの税金、自賠責保険や任意保険などの保険料、駐車場料金や、車検、定期点検などのメンテナンス代がかかります。

カーシェアリングは、自分のものになるという優越感は得られませんが、車は一度買って終わりというわけではなく、いつか壊れて動かなくなる時が来ます。

車に特別な思い入れなどがないのであれば、断然カーシェアリングの方が使い勝手がよいと思われます。