安全性を重視して車の買い替えを検討

日頃から車を運転しているとマイカーに対して愛着が湧くいてしまうものです。

まるで我が子のように可愛がり、頻繁に清掃やメンテナンスを行う人もいます。

 

しかし車検に通らないのでは、ただの置き物でしかありません。

また、きちんと修理をすれば車の寿命が数年延びるかもしれませんが、安全性には疑問符が付いてしまいます。

 

修理の見積もり金額が20万円弱ということは複数のパーツに問題がある可能性が高く、今後も次から次へと不具合が発生することが考えられます。

そのたびに修理をしていたのでは不便ですし、中古車として下取りをするとしても二束三文の値段しかつかず、新車の費用の足しにもなりません。

 

故障によって自動車事故を引き起こしてしまったのでは、自賠責保険に加入していたとしても、高い出費を強いられてしまうことも想定されます。
車を買い替える条件としては、購入して何年が経過しているのかということと、走行距離がポイントになります。

 

クラシックカーではなく一般車種では、5年近く乗っていて走行距離が10万キロメートルを突破していれば、下取りへ出したとしても価値がゼロと判断されてしまうことがあり、結果的には買い替えてしまったほうが良いです。

しかし、購入したばかりで走行距離も短いのであれば、修理に出してみることも検討します。

 

その際には他のパーツに不具合や故障がないかもしっかりと確認してから、複数の修理工場に見積もりを出してもらった上で、正式に修理を依頼することが大切です。