レンタカーとカーシェアリングの違いを知ってお得に利用!

最近よく耳にするようになってきたカーシェアリング。気になっている方も多いのではないでしょうか?
レンタカーとカーシェアリング、どこが違うのかを知るならば、その人それぞれに合った使い方をすることができます。ではどのように違い、どちらがお得なのでしょうか?

 

レンタカーとカーシェアリングの大きな違いの一つは、前者は不特定多数の人が手続きさえすれば車を借りることができるのに対して、後者はまず会員登録をしていなければ借りることができないというところです。

というのはカーシェアリングとは車をレンタルするというより、会員になっている人たちで車の維持費をシェアするというシステムだからです。

 

会員登録をするということですから、入会金や毎月の基本料金が発生します。

ですから週に何度か定期的に車が必要だという方にとってはカーシェアリングがお得で便利ですが、そうでないならレンタカーのほうが安くつくかもしれません。

またレンタカーはガソリン代は借りる人が負担しなければなりませんが、カーシェアリングはガソリン代を払う必要はありません。

 

もう一つの大きな違いはレンタカーに比べカーシェアリングの利用時間設定が、より細かくなっていることでしょう。

レンタカーはおおむね最低6時間からの設定になっていますが、カーシェアリングの設定は15分位からの短時間設定になっています。

ですから旅行など長時間車が必要な時はレンタカーを利用することができますが、買物や子供の送り迎えなど比較的短時間で車を利用したい場合はカーシェアリングを利用するほうがお得だと言えるでしょう。