カーシェアはコンパクトカーが主流、ミニバンは無いと考えておこう

昔は、車に乗るという自分で購入をして自分で所有をするというのが一般的でした。

しかし最近、都心を中心に急速に広がっているシステムがあります。

それは、カーシェアリングです。

カーシェアリングというのは、その会社に会員登録をすることによって、所定の車を利用することができるというものです。

カーシェアリングのメリットとしては、細かい時間設定ができるというのがあります。

カーシェアリングとよく比較をされるのが、レンタカーです。

レンタカーの時間設定は、最短でも6時間というところが結構多いですね。

しかしカーシェアリングは、15分程度から利用することも不可能ではありません。

これでしたら、ちょっとした買い物やお子さんの送迎などで利用することができるというものです。

中古車を購入するのに比べて、維持費もはるかにかかりません。

車を所有していると、毎年の自動車税や2年毎の車検、任意の自動車保険にガソリン代などがかかってしまいます。

しかし、カーシェアリングならばこれらの費用は全くかかりません。

一方で、カーシェアリングには注意点もあります。

それは、選べる車種が圧倒的に少ないということです。

ちょい乗りを基本としているので、カーシェアリングで導入されている車はコンパクトカーが中心です。

家族で移動したり、大きな荷物を積んだりするときにはミニバンなどが優れていますが、ミニバンを揃えているカーシェアリングは皆無です。