誰でも簡単に出品出来るメルカリの使い方

メルカリはスマホで出来るフリーマーケットのアプリのことで、出品したい商品をスマホで撮影して、説明書などを添えて値段を提示すればすぐに出品することが出来るので、大変に手軽で簡単なことが特徴になります。

 

ヤフオクとの違いは、メルカリは出品者が値段を決めてその値段で買いたい人を募るのに対して、ヤフオクは出品したい商品を欲しいという人が値段を決めていくところになります。

 

メルカリの出品から代金支払いまでの流れですが、初めてメルカリを利用する場合は、メルカリのアプリをダウンロードして会員登録を行ないます。

 

そして出品したい商品の写真を撮影して、見映えを良くする程度の画像の修正は出来るので、実物と違ったり実物よりも良く勘違いしてしまうほどの加工にならない程度の修正を施したり、購入者に向けた説明などの入力を行ないます。

 

入力をする内容は、まず商品の名前と商品の説明、そして商品の状態や発送に関することや支払い方法を記入します。

 

発送に関することは送料の負担を出品者がするか購入者がするかを指定して、発送方法を何にするかや何処から発送するかなどを記入します。

 

そして商品が購入者に届くと、購入者は商品の評価を行い、その後に出品者が購入者の評価を行ってから代金の支払いが可能となります。
支払われた代金を出金するには、自分の銀行口座を出金先として登録しておけば、週に一回のペースでその口座に出金を依頼することで出金することが出来ます。

 

ただ一万円未満を出金する場合は、210円の手数料がかかりますし、商品が売れたときには、売買代金の10%が手数料として引かれていきます。