不用品をどこに売るのかがポイントです!

不用品が手元にあるのなら、そのまま放っておかずになるべく早い段階で売ってしまいましょう。
年数が新しいものほど高く売れる可能性があるからです。

 

不用品を売る時には、リサイクル業者を利用することになります。
ほとんどのリサイクル業者は、さまざまなジャンルのものを買い取ってくれるのですが、業者によって得意・不得意のジャンルがあります。
例えば、家電を得意としているところで「オーブンレンジ」を売ったら1,500円の値がついても、家電が不得意としているところでは300円程度にしかならないことも。

 

何を得意としているかどうかというのは、実際にお店に足を運んでみるとよく分かります。
売り場面積の広さや、品物の充実度から、どのようなものが高価買取可能なのかを予想しましょう。
セカンドストリートなど全国展開している買取ショップの場合、お店によって得意なジャンルが違います。
店舗ごとに特色があるので、「全国展開しているんだからどこも同じ」とは思わないことです。

 

売ろうと思っているお店があるのなら、まずは一度お店に行って様子を見ましょう。
時間的に余裕があるのであれば、実際に不用品を2~3の店舗に持って言って査定額を比べるといいかもしれません。
大きな品物の場合は出張買取サービスを利用することも出来ます。

 

どれくらいで買い取ってもらえるかどうかは、ヤフーオークションやAmazonなど通販サイトの金額が参考になります。
おおよその目安を考えてから、査定に持ち込みましょう。